連日の猛暑…

最近暑くてだらだら気味です…。こんなに暑いと熱中症も心配ですよね。


幼児も高齢者も熱中症で死亡する事案が急増しているそうです。しっかり気をつけなければとても例年より暑いのでちゃんと対策をする必要がありますね。
さてどのような対策をすればよいのかいろいろな情報がありますが、私が普通救命講習を受けたときに指導された話や各種メディアの情報を軽くまとめてみます。

熱中症の症状

基本的に熱中症の症状はいくつかあります。
Ⅰ度(軽度)、Ⅱ度(中等度)、Ⅲ度(重症)の三段階があります。その度合によって対処法の変わってきます。

Ⅰ度(軽度)

すこし手足がしびれたり、気分が悪くなってきたり、筋肉痛になったり、血圧が低くなる状態が出ているのが、Ⅰ度(軽度)の症状です。
ちょっと前には、熱痙攣、熱失神とかと言われていた症状ですね。

Ⅱ度(中等度)

頭痛がしたり、吐き気がしたり、めちゃめちゃ汗をかいたり、めまいがしてふらふらなどの症状が、Ⅱ度(中等度)の症状です。
熱疲労などと呼ばれていた症状ですね。

Ⅲ度(重症)

熱中症の中で一番危険なⅢ度(重症)の症状です。意識がなくなったり、一人で水分補給が困難な状態に陥ったり、異常に体温が高いなどの症状が発生している症状が出てきます。
熱射病の症状ですね。

熱中症の対策方法

熱中症の防ぐにはどのような方法があるのか、また、簡単な対策がないのかを見ていこうと思います。

体力づけ

やっておくことの一つは、やはり健康な状態で体力がしっかりしていることにすることです。しっかり睡眠をとることや、ご飯をしっかり食べることなどの健康な状態にしておくことで熱中症になりにくくなります。体調が悪いと病気になりやすくなりますしね。

服装・日差し対策

暑さ対策として、服装や日差し対策も重要です。涼しい服装(汗をすいとりやすい素材とか)をするとか、日傘や帽子を被るなどの暑さ対策も熱中症予防に大切なことです。他にも寝るときに氷枕をして寝たり、お出かけのときは首にぬれタオルを巻いたりなどもお手軽でいいですよ~。

空調

部屋が暑い場合は、エアコンや扇風機などでしっかり涼しくしておくことです。車は特に暑くなりやすいので、車に乗る際は乗る数分前にエアコンをつけて涼しくするなどの工夫も大切です。部屋が暑いと熱中症の原因になるので。

もしもの場合には?

軽度(軽い中等度)の場合

もし熱中症と思われる人がいた場合で、その人が呼びかけに反応して自力で少し動ける場合には、まず涼しい場所に連れて行き、薄着にさせて、もしできるなら首すじ、 脇の下、 大腿の付け根、股関節あたりに保冷剤などを当てて上げてください。そうすれば体温が下がり、容態も安定してきます。
また、水分補給と塩分補給もするようにしてください。
良くなったらそれでいいのですが、少しだるいなどの症状が残るなら医療機関に行くのがベストだと思います。

重症(重い中等度)の場合

もし熱中症と思われる人がいた場合で、その人が呼びかけに反応しない場合は、すぐに涼しい場所に連れて行き、首すじ、 脇の下、 大腿の付け根、股関節あたりに保冷剤などで冷やしてください。そうしたら、救急車を呼び、医療機関へ連れて行ってください。
このとき、無理に水分補給をさせないほうが良いです。無理に飲ませて、誤飲したら大変なので。

熱中症確認リスト

環境省熱中症確認リスト
環境省が出している熱中症の応急処置に関する表です。もし救急車を呼ぶべきか迷った際はこの表をみて判断するのも良いと思います。

最後に

まとめ

私もこまめに水分補給をしたり、しっかり睡眠をとったりなどの熱中症予防をしていますね。室内でPC作業をしているので、PCの熱で部屋が熱くなりやすいのでしっかりエアコン入れてます~。みなさんもしっかりとした熱中症対策をしましょう!

参考リンク